金針菜

◇商品価格は税込みです。★合計10,800円以上で送料無料!★
◇商品発送の目安:ご入金後【7日以内】に発送します。当社通販部は週2日程度の営業のため、ご返信と発送にお時間をちょうだいしております。お入用の際には、余裕を持ってご注文ください。また、お急ぎの方はお知らせください。
◇漢方キッチンでご受講中の方は、受講生価格が適用になります。お問合せフォームよりご注文ください。
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示

金針菜  150g 972


ユリ科のホンカンゾウのつぼみを乾燥させたもの。


「女性のトラブル予防には花を召し上がれ。」

日本の食卓ではあまり目にすることはないのですが、その高い効能から海外の女性にとても愛されている花があります。

 

「金針菜(きんしんさい)」

【金針菜の栄養価】

鉄分はほうれん草の20倍あるといわれます。

100g
あたりの鉄分量がほうれん草(ゆで)は0.9mg。それに比べて金針菜には18mgの鉄分が含まれています。

成人女性の1日の鉄分摂取推奨量が10.5mg

金針菜の鉄分の豊富さがうかがえます。

そしてビタミンACが豊富。常食すると目のカスミや疲れ、貧血に効果があります。

他にもタンパク質。カルシウム。リン。βカロテン。ビタミンBなども含まれています。実はインドのガンジーも愛食していたことは有名です。

日本の歴史書を読むと、江戸時代の料理書に記載され、貴重な栄養源として食されていたようです。



【食べ方】

水やぬるま湯で戻して、炒め物やスープに入れて召し上がります。お味は山菜に似ていて、懐かしさを感じる素朴な味です。

特に油と相性がいいので、豚肉と合わせて炒めたり、炒めてからスープに入れるなどするととってもおいしいです。

レシピ例はこちら⇒金針菜ときのこのラーメン


【薬膳では】

甘味で涼性の性質を持ちます。帰経は肝、胃、腎。
血を穏やかに補い、むくみをとる、精神安定など、女性にうれしい効果がたくさんあります。
金針菜は、別名「忘憂草(ぼうゆうそう)」と言われ、気持ちを穏やかにさせ、リラックス効果があり、特に、不眠によいといわれます。

 

 

《東京医科歯科大学の服部淳彦教授の報告》

金針菜にはメラトニンという脳内ホルモンに酷似した成分(メラトニン様物質)が豊富に含まれている。金針菜中のメラトニン様物質が、直接、または間接的に働いて安眠をもたらしたり、精神の興奮を抑えたり、又、血流を良くし手足を温め、血圧を安定させたりしているのではないかと推測している。

 

★★メラトニンとは★★

 

【脳の松果体から分泌されるホルモン】


◆生活リズム(昼間活動的に、夜ゆっくり眠らせる)を整える

◆交感神経の興奮をしずめ、イライラをおさえたり、血管を拡張して手  足を温める

◆強い抗酸化作用(ビタミンEの2~3倍)がある、 

◆血圧を安定させる、 

◆気分をリフレッシュさせ、抑うつ状態を改善する

   

おいしく食べて、心も元気になってくださいね。

 

~この原稿の著作権は漢方キッチンが所有しています。無断での転載転用はお断りさせていただいています~



漢方キッチンカレンダー


大きなカレンダーはこちら

カートの中身

カートに商品は入っていません

ログイン・会員登録

お問い合わせフォーム