金針菜

◇商品価格は税込みです。★合計10,800円以上で送料無料!★
◇商品発送の目安:ご入金後【7日以内】に発送します。当社通販部は週2日程度の営業のため、ご返信と発送にお時間をちょうだいしております。お入用の際には、余裕を持ってご注文ください。また、お急ぎの方はお知らせください。
◇漢方キッチンでご受講中の方は、受講生価格が適用になります。お問合せフォームよりご注文ください。
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示

リラックスしたい方に!


金針菜(きんしんさい)はユリ科のホンカンゾウのつぼみを乾燥させたもの。


「女性のトラブル予防には花を召し上がれ。」

日本の食卓ではあまり目にすることはないのですが、その高い効能から海外の女性にとても愛されている花があります。

 

「金針菜(きんしんさい)」

【金針菜の栄養価】

鉄分はほうれん草の20倍あるといわれます。

100g
あたりの鉄分量がほうれん草(ゆで)は0.9mg

それに比べて金針菜には18mgの鉄分が含まれています。
成人女性の1日の鉄分摂取推奨量が10.5mg

金針菜の鉄分の豊富さがうかがえます。

他にもビタミンA。ビタミンC。タンパク質。カルシウム。リン。βカロテン。ビタミンB、なども含まれています。


【薬膳では】

甘味で涼性の性質を持ちます

金針菜は、別名「忘憂草(ぼうゆうそう)」と呼ばれます。
女性のさまざまな悩みを解消する食材として、唐の時代にはすでに食べられていました。

実はインドのガンジーも愛食していたことは有名です。

日本の歴史書を読むと、江戸時代の料理書に記載され、貴重な栄養源として食されていたようです。


【金針菜はこんな方におすすめ】

◆リラックスしたい方
◆眠りが気になる方
◆日々ストレスの中でがんばっている方

【こんな風に食べてください】

水やぬるま湯で戻して、炒め物やスープに入れて召し上がります。お味は山菜に似ていて、懐かしさを感じる素朴な味です。

特に油と相性がいいので、豚肉と合わせて炒めたり、炒めてからスープに入れるなどするととってもおいしいです。

レシピ例はこちら⇒金針菜ときのこのラーメン


おいしく食べて、元気になってくださいね。

 

~この原稿の著作権は漢方キッチンが所有しています。無断での転載転用はお断りさせていただいています~



漢方キッチンカレンダー


大きなカレンダーはこちら

カートの中身

カートに商品は入っていません

ログイン・会員登録

お問い合わせフォーム